クリニック案内

このエントリーをはてなブックマークに追加

院長ごあいさつ

院長写真

1984年に大阪大阪市立大学(現大阪公立大学)を卒業後、大阪市立大学第2外科(現大阪公立大学心臓血管外科)にて研修ののち、国立大阪病院(現国立大阪医療センター)レジデント、兵庫医科大学胸部外科助手、大阪市立総合医療センター心臓外科医長を経て2003年に当地で開業しました。現在は、内科診療ならびに在宅医療を行っており地域に根差した診療を心がけております。新型コロナの最盛期も在宅医療を続けてまいりましたし、今後も、内科、循環器科にかかわらず、癌患者に対する在宅医療も含めて行っていく予定です。


診療について

◆内科・循環器内科

心筋梗塞、狭心症、不整脈、高血圧、動脈硬化症、糖尿病、脂質異常症や呼吸器疾患(気管支喘息、肺気腫等)の診療ならびに消化器全般の診療も行っております。

◆外科

心臓および血管手術後の患者様の診療が中心になりますが、下肢静脈瘤、動脈硬化に伴う末梢動脈疾患の診療を行っており、通常の外傷等の診療なども行っております。

◆リハビリテーション

生活習慣病の改善には運動療法も重要です。生活習慣病を改善するためのリハビリを中心に行っています。

◆往診・在宅診療

在宅看取り、がん診療(緩和医療)、麻薬等の処方等も可能です。